サラリーマンに未来はない!!新型コロナウイルスで改めて実感!〜不動産投資で成功してサラリーマン卒業しよう〜

Pocket

サラリーマンに未来はない!

私は10年間サラリーマンをしています。

大学院まで学生をして就職、会社は社員は約20000人、安定した給料、合コンに行けばある程度モテて、周りが結婚してきたのにあわせるように結婚し子供ができ、家や車を持ち、一般的な家庭の幸せの典型的な生活をしていました。

私の両親も自慢の息子だと思っているでしょう。

新型コロナウイルスの影響は

しかし、

令和2年の新型コロナウイルス感染症の影響で社会の複雑な構造は強固で簡単には崩れないと誰もが思っていましたが、

1つのウイルスに社会はかき乱され、どんなに大きな企業や安定している企業でも、いつ倒産してもおかしくないと改めてわかりました。

以前の日本の幸せの形が完全に崩壊してしまったと言えるでしょう。

ましてや日本のサラリーマンは日本の物価は少しずつ上昇しているのに、未だに年収1000万が高給取りのラインです。ということは、日本人はよく働く上に安月給です涙。

この構造はなかなか変わらないと思います。

私の会社は倒産しませんでしたが、通勤自粛の中、テレワークなどの措置はなく、いつもと変わらず、電車で通勤していました。

いつコロナになってもおかしくないと思っていました。

家族のためにもコロナになる訳にはいけないのに、リスクをおかして会社に電車で行かなければなりません。

私は何のために働いているんだろう?

家族を危険に晒してまで働くの?etc…

コロナショックを契機に私を含めた、世界中の人が幸せとは、働くとは何かを改めて考えさせられたと思います。

新型コロナウイルスの影響で人々が人生を見つめ直し、

これからどんどん人生が多様化してきて

幸せの形がたくさんでき、

働き方が変わり、朝の満員電車に乗っている人たちもテレワークの影響で減っていくかもしれません。

幸せとは

私の幸せとは、好きなところに住み、好きな人と付き合い、好きな時に旅行したり、好きな仕事をとことんやること。

また、家族との時間を充分とり、子供に好きなことをやらせてあげることです。

世界の人たちが今回のコロナショックで、自分の人生の幸せを改めて考えたと思います。

私の幸せを形にするためにはまずは会社だけからお金を貰い働いているのではなく、先般のコロナショックの様なことが起きて、いつ仕事を失っても良いようにすることが大切です。

AIと日本のサラリーマン

これからA Iがさらに発展していき自動化の波が押し寄せてきます。

全ての業界で人が余ってきます。

また、今回のコロナショックのようなことが起きたら、そのタイミングで一気に大量のリストラがでるでしょう。

その時ためにも、本業以外で自分の力で稼ぐ力は絶対に付けていく必要があります。

絶対にです。

これからの新しい生き方と不動産投資

私は平均年収より少し高いくらいの800万弱の年収です。

裕福ではないけど、安定した生活は手放したくないと思ってました。

年収が400万から800万になっても、高くなるにつれて所得税、住民税が上がりますし、それほど生活レベルが変わっていません。

今回のコロナウイルス感染症の影響で、

サラリーマンだけの収入に頼っていることがリスクになってきていると改めて思いました。

ロボットでも出来る様な仕事や誰でも出来る様な仕事はなくなってきています。

ですから、私たちは自分の人生の幸せのために、いつ会社を退職しても良い様に準備しなければなりません。

では、どうすれば良いのか?

そのための手段の1つとして「不動産投資」は有効な手段です。

特に日本のサラリーマンは不動産投資をするのに最適です。

安定した収入があるサラリーマンは銀行からの信用も高く融資を引きやすいです。

不動産を購入して一度入居者が入れば、そのあとは何をしてても収入が入ります。

サラリーマンが片手間でできる副業を不動産投資のみだと思います。

では、不動産投資で失敗しないためにどうすれば良いのか!

大切なことは「どのような物件を買うか」ということです。

ここが間違っていると、いつまで経っても成功しません。

特に最初の物件で失敗してしまうと

たとえその後、頑張っていたとしても、いつまでも理想のライフスタイルは手に入らないでしょう。

最初の物件は慎重に選びましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です