成約率アップの秘訣はコピーライティングにあり!〜「PASONAの法則」とは〜

Pocket

はじめに

ビジネスで成果を上げるためのコツの1つは、文章にあります。

読み手の心に訴えかける文章が書ければ、より説得力が増すでしょう。

「このサービスを利用してみようかな?」「一度購入してみたい!」といった気持ちも、刺激できます。

今回は、読み手の心に伝わるコピーライティング術を伝授します。

読み手の情報は細かく絞り込もう!

誰かの心に訴えかける文章を書きたいときには、ターゲットを明確化する必要があります。

アフィリエイトで紹介記事を書く際に、「できるだけ多くの人に読んで欲しいから」という理由で、あえてターゲット層を広げる方がいますが、これは失敗のもとです。

なぜなら「みんなに当てはまる情報」を、自分事として考えられる人は少ないから。

ターゲット層を広げれば広げるほど、ピンポイントで心を動かすことは、難しくなってしまうのです。

非効率に思えるかもしれませんが、文章を書くときには、できるだけターゲットを明確化しましょう。

我々はそれを「ペルソナ」と読んでいます。

ペルソナは特定の1人を想像して、どんな人に読んでもらいたいかを、その1人の背景や家族構成など事細かくしていきます。

具体的なポイントは以下のとおりです。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 年収
  • 今ハマっていること
  • 苦手なこと
  • 住居の形態

これらの項目について、できるだけ明確にイメージしてみてください。

身近な人を思い浮かべ、その人に伝えるような気持ちで書くのも良いでしょう。

同じ「自転車」というテーマであっても、「30代既婚・子持ちのパート女性」に向けた記事なのか、それとも「50代未婚・釣りが趣味の男性サラリーマン」に向けた記事なのかで、文章の中身は大きく違ってくるはずです。

ペルソナを作り込んでいくと、興味を抱いてくれる人の数は減少してしまうかもしれません。

しかし、ペルソナに近い情報を与えることで、成果率をアップできる可能性は高くなるでしょう。

1つ上のレベルを目指すPASONA(パソナ)の法則

ターゲット層をはっきりさせたら、次は文章構成の基本について知りましょう。

成果をアップさせたいときに役立つのが、PASONA(パソナ)の法則です。

高い成約率や反応率を狙うためのテンプレートで、これに沿って文章を書けば、誰でも成果を上げやすくなります。

【P】Problem(問題)

【A】Agitation(扇動)

【SO】Solution(解決策)

【N】Narrow down(限定性・緊急性)

【A】Action(行動)

この順番を意識して、文章を組み立ててみてください。

まずはProblemで、問題提起を行います。

ターゲット層が抱える問題をわかりやすく提示することで、相手に寄り添い共感しましょう。

このステップを最初に持ってくることで、読者に「これを読めば解決できるかも…」という期待を抱かせられます。

Agitation(扇動)というのは、提起した問題を掘り下げること。

現在抱えている問題を放置すると、将来的にどうなるのか、こちらもイメージを膨らませられるように伝えるのがおすすめです。

Solution(解決策)は、初めてテーマについて記載する部分です。

読み手が抱える問題を解決するための手段として、あなたがおすすめしたいテーマについて紹介します。

データや過去の実績、自身の経験談などを添えると、より説得力が増すでしょう。

ここまできたら、あと一押しです。

Narrow down(限定性・緊急性)は、「今すぐに行動しなければ!」という思いを高めるためのパートです。

「限定○名」、「○日までの限定特価」など、今すぐに行動するべき理由を提示してください。

最後のAction(行動)は、具体的な行動を促すパートとなります。

「購入はこちら」「ここをクリック」など、行動したいと思っている人を迷わせないよう、わかりやすく書きましょう。

どう書けば良いのかわからない…なんてときも、テンプレートがあれば安心です。

まずは「PASONAの法則」を使いこなせるよう、練習を重ねてみてください。

あとは経験を積んでいくだけ!

成果につながる文章を書くためには、経験値を積んでいくことが必須となります。

基本的な知識を身につけたら、とにかく文章を書いてみましょう。

また、より説得力を増すために、いろいろな経験から学ぶことも重要です。

おすすめする商材・商品・サービスを実際に使ってみる、他の人が書く文章を読むといった行動も勉強になります。

大切な人に伝える気持ちで書けば、文章の印象も、自然と柔らかくなります。

相手の心に刺さるコピーライティング術を、ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です