返報性の法則をビジネスに応用!〜基礎知識と使い方、注意点も解説〜

Pocket

はじめに

売上アップを目指すためのコツの1つが、「返報性の法則」です。

人の心の動き方を知っていれば、より効果的なマーケティングを展開できることでしょう。

返報性の法則の特徴や、具体的な活用方法、知っておくべき注意点についてまとめます。

返報性の法則とは?

返報性の法則は、誰かに何かをしてもらったときに、自分からも何かをしてあげたいと思う心理状態を指します。

プレゼントをもらったときには、「何かお返しをしなくては…」と感じる方も多いことでしょう。

これが、返報性の法則です。

最近では、SNSの投稿に対して「いいね」をもらったら、自分の方も「いいね」し返すという行為も、返報性の法則によるものだと言えるでしょう。

こちらの心理効果は、社会のさまざまな場面で活用されています。

デパートの食品売り場等で見かける試食コーナーは、その1つです。

まずは無料でサンプルを配ることで、配られた側に「何かを返したい」という気持ちを植え付けます。

「配ってくれた人に対して何かを返す」=「商品を購入する」という流れで、売上アップを狙えるでしょう。

また返報性の法則は、商品の売買のみで効果を発揮するわけではありません。

自分の情報を積極的に開示してくれる相手に対しては、自分の情報も開示しやすくなるでしょう。

恋愛においても、それまでなんとも思っていなかったにも関わらず、「好き」と言われた途端に気になり始めてしまう…なんてこともあるのではないでしょうか。

これらも全て、返報性の法則によるものです。

人間の心理に無意識に働きかける法則だからこそ、うまく活用できれば、ビジネスで大きな成功を手にすることも夢ではありません。

返報性の法則をビジネスに活用する方法

ここからは、返報性の法則ビジネスに活用するための、具体的な方法をチェックしていきましょう。

★活用方法1「フリー戦略」

商品を販売する前に、宣伝目的で無料サンプル配布するのがフリー戦略です。

フリー、つまり無料で商品を提供することで、相手に「お返しをしなくては」という思いを植え付けられます。

無料で提供する商品は、フリー戦略用に作成した販促アイテムでも良いですし、商品の一部分でも良いでしょう。

無料で提供する商品や情報の質が高ければ高いほど、相手からのお返しも充実するはずです。

サンプル配布や試食販売も、フリー戦略の一つとなります。

何を無料で配布するのかによって成果が変わってきますから、じっくりと検討してみてください。

★活用方法2「全額返金保証」

インターネットビジネスにおいても実践しやすいのが、全額返金保証制度です。

商品を購入した後、一定期間内であれば返金を認めるという制度となります。

購入者にとってプラスとなるサービスを、販売者側が積極的に提示すれば、貸しを作ることができるでしょう。

リピーターになってもらえる可能性をアップできます。

★活用方法3「相手の情報・信頼を得る」

ビジネスの世界で重要な意味を持つのが、相手の情報です。

情報があれば、「この人にはどうアプローチすると効果的なのか?」についても、わかりやすくなるでしょう。

まずは自分の方から積極的に情報を開示することで、相手の情報も聞き出しやすくなります。

双方向のコミュニケーションが円滑になれば、信頼関係を築きやすくなります。

「この人が言うなら、購入しても良いかな」なんて感情にも結び付きやすくなるでしょう。

近年は、インターネットビジネスにおいても、LINEやメールを使った双方向のやり取りを重視するケースも増えてきています。

自分の悩みや、商品を求めた理由・感想などを、自分から発信することで、プラスの効果を期待できます。

返報性に100%はない

知識さえあれば比較的手軽に取り入れられる返報性の法則ですが、注意するべき点もあります。

それは、好意が返ってくる可能性は100%ではないという点です。

自分の方からプレゼントをしたり、情報を開示したりしても、相手からは何も返ってこない…なんてこともあるでしょう。

ここで相手に対して悪意を抱くと、悪意による返報性の法則が発動する可能性もあります。

お互いに悪感情を抱くようになれば、円滑にビジネスを進めるのは難しくなってしまいます。

返報性の法則を意識して行動するときには、「無償の愛」を意識するのがおすすめです。

下心を感じさせないことで、相手の心の「お返しをしたい」気持ちを強める効果も期待できます。

ビジネスにも応用できる返報性の法則はいかがでしたか?

まずは自分の方から動くことで、相手から大きなお返しがやってくるのかもしれません。

返報性の法則を意識して、効果的なマーケティングプランを検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です