WordPressと無料ブログのメリット・デメリット解説!無料ブログの活用方法は?

Pocket

はじめに

世界に向けてコンテンツを発表したいと思った際に、便利に使えるのが「ブログ」です。

質の高いブログサイトを維持・運営することで、安定した収入を長期にわたって得やすくなるというメリットがあります。

新たにブログを開設しようと思ったときに、悩みがちなのが「どこでブログを作れば良いのか?」という点です。

無料ブログとWordPress、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

無料ブログのメリット・デメリットについて

無用ブログメリットは、ずばり「コストがかからない」という点です。

サーバーなどの難しい契約を結ばなくても、誰でも手軽にブログをスタートすることができます。

「本当に収益が出るのかわからない」という場合でも安心です。

無料ブログを作成する際には、ブログサービスが契約しているサーバーやドメインを間借りすることになります。

難しい知識がなくても、各ブログサービスが提供している情報を参考にすれば、すぐにブログをスタートできますし、手入れや管理も非常に楽です。

ただし無料ブログには、以下のようなデメリットがあります。

・広告が入る

・提供会社次第でブログサービスが終了する

閲覧時に余計な広告が入れば、それを煩わしいと感じる方もいるでしょう。

アフィリエイトをしようとしても、思うような効果を得られないかもしれません。

また忘れてはいけないのが、サービス終了のリスクです。

無料ブログを運営する会社は、広告収入から収益を上げているわけですが、「儲けが出ない」と判断されればサービスは終了してしまいます。

過去にいくつもの無料ブログが閉鎖していますし、いざ閉鎖が決まれば、これまでに積み上げてきたコンテンツが、全てゼロになってしまうでしょう。

ブログを使って長期的に収益を上げることを目標にするなら、無料ブログのサービスでは、心もとないと言わざるを得ません。

WordPressのメリット・デメリットについて

WordPressとは、コンテンツマネジメントシステムのこと。

通常、ホームページを立ち上げようとすれば、HTMLのコードなどのプログラミング基礎知識が必須となります。

こうした知識がない場合でも、誰でも手軽にコンテンツを制作できるのが、WordPressの魅力なのです。

無料ブログのように、無駄な広告が表示されることもありませんし、自分自身が更新を辞めない限り、長期的に運用が可能です。

また拡張性に優れていて、自分らしい個性的なブログサイトを作成できます。

一方で、WordPressデメリットコストです。

WordPressそのものは無料で利用できますが、実際にサイトを制作するためには、ドメインやサーバーを用意する必要があります。

無料ブログであればかからない、独自ドメインの取得費用やレンタルサーバー代が必要です。

ブログスタートは、まずWordPressから

WordPressでブログを運用する際に必要となるレンタルサーバーなどのコストは、毎月数百円~千円程度です。

デメリットと言っても、それほど高いわけではありませんから、必要経費と割り切ってWordPressを活用するのがおすすめです。

わずかな経費で、無料ブログに潜むさまざまなリスクを回避できます。

WordPressなら、管理運用に関する複雑なルールもありません

自身のビジネスの形態に合わせて自由に運用できますし、成果にもつなげやすいと言えるでしょう。

最初からWordPressを使うことで、着実にコンテンツ制作の実績を積み重ねていけるので、おすすめです。

一方で、無料ブログにも良いところはあります。

その1つが「ブログサービス独自の集客効果」でしょう。

ブログサービスそのものに人気があり、多数のアクセスを期待できる場合、アクセスアップの宣伝のために無料ブログを開設するという方法を選択するのもおすすめです。

WordPressと並行して、無料ブログの運営についても検討してみてください。

ただし二つのブログを並行して運営していく場合、同じ記事を掲載するのは避けましょう。

それぞれのブログの方針に沿って、内容を調整するのがおすすめです。

WordPressの方をメインブログとし、無料ブログを補助的に活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です