火災保険の代理店はどうやって選べばいいの?内容は?〜経験を踏まえて〜

Pocket

はじめに

不動産投資で物件を購入する際には、火災保険にも気を配ってください。

不動産投資における火災保険は本当に大切です。

保険内容も大切ですが、中でも重要なのが、代理店選びです。

不動産投資家として知っておきたいポイントをお伝えします。

不動産投資に適したプランやオプション

不動産投資家の火災保険選びでは、選択できるプランやオプションに注目しましょう。

というのも、現代の火災保険がカバーしている保障内容には、そこまで大きな違いはないです。

このため各保険会社は、独自のプランや特約を売りにして、契約してもらおうと努力しています。

このプランや特約が、不動産投資家にとってメリットが大きいものの方が、火災保険加入のメリットは大きいです。

では具体的に、不動産投資に適したプラン・オプションとは、どのようなものなのでしょうか。

  • 破損汚損が補償対象
  • 臨時費用保証特約
  • 施設賠償責任特約
  • 孤独死保険

賃貸に出している物件の破損や汚損は、不動産投資家が遭遇しやすいトラブルの一つです。

万が一遭遇した際にも、保険で対処できるとなれば、余裕を持って対応できるでしょう。

臨時費用保証特約とは、保険金が支払われる際に、余分なお金が支払われる特約のこと。

トラブル対応の際には、臨時出費も増えがちです。

こうした「余分な出費」に備えるための特約で、受け取った保険金の使用用途は限定されません。

非常に使い勝手の良い特約だと言えます。

施設賠償責任特約や孤独死保険も、万が一のトラブルに備えるための保険です。

不動産投資家が収益を守るためにも重要な役割を果たしてくれますから、ぜひこれらの特約についても、セットできるかどうかを確認してみてください。

私は新築の時以外は、基本的に必要そうな特約は全部つけてます。

私はこの火災保険に幾度となく助けられてます。

賃貸経営をしてみて、本当に雨漏り、修繕、突発的な事故が本当に多いです。

台風の時も、屋根が飛んだりなど、

火災保険には充実したものに入っておきましょうね。

大切な代理店選び

不動産投資におすすめのプランや特約を紹介してきましたが、実はこれらは、多くの保険会社で提供されているもので、どこか一社に狙いを定める、決め手となるわけではありません。

ここで注目したいのが、「火災保険の代理店」についてです。

加入する保険そのものには、それほど大きな差がなくても、「どこの代理店を通じて火災保険に加入するのか」には、非常に大きな違いがあります。

つい疎かにしてしまいがちなポイントだからこそ、ぜひ慎重に検討してみてください。

なぜ代理店選びが重要なのかというと、火災保険の請求は、代理店を通じて行うケースが一般的だからです。

火災保険の補償対象と思われる事案が発生した際に、まず代理店に連絡する方も多いことでしょう。

しかしこの後の対応は、代理店によって違っています。

同じトラブルであっても、ある代理店は問題なく請求できるのに、別の代理店では「請求できない事案」として、跳ねのけられてしまうこともあり得るのです。

実際に、このような事例で困っている大家さんも存在しています。

なぜこのような事態になってしまうのかというと、保険代理店の報酬システムに原因があります。

代理店が保険会社に保険の請求を行うと、その分、代理店に支払われる報酬金額が減ってしまいます。

これってかなり問題なシステムだと思いますが、、

このような事情から、「できるだけ保険請求をしたくない」と考える代理店も存在します。

良い代理店の見分け方は?

では、不動産投資家にとって良い代理店は、どう見分ければ良いのでしょうか。

まずは、不動産投資について基本的な知識を身につけていることが、必須条件となります。

不動産投資物件の火災保険について問い合わせてみれば、どの程度詳しいのか、チェックできるでしょう。

とはいえ実際には、保険加入前に本当に良い代理店を見極めるのは難しいもの。

そこでチェックしたいのが、周囲の不動産投資家からの情報です。

そうなんです、不動産投資において情報は本当に大切なんです!!

先輩投資家であれば、実際に火災保険に加入しているだけではなく、保険請求の経験もあるはずです。

おすすめを教えてもらえれば、代理店選びで悩むこともなくなります。

私もおすすめする火災保険の代理店はいくつかありますが、

今は、「サンネクスタリーシング株式会社」に色々とお願いしております。

たくさんの不動産投資家も顧客に抱えて、火災保険にも詳しく、できるだけ出さないようにとは絶対にしませんので、おすすめです♪

まとめ

不動産投資で火災保険に加入する際には、プランや特約にも注目してみてください。

また代理店についても、「どこでも良い」というわけではないので注意が必要です。

火災保険料は、決して安くないので、代理店選び、火災保険の内容をしっかりと選んで、物件購入後のトラブルに備えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です