不動産投資は現金買いとローンで買うのどっちがいいの?

Pocket

はじめに

不動産投資において、現金買い融資で買う方法、どちらを選べば良いのか、悩んだ経験はありませんか?

物件購入時の決済方法に関するヒントをお届けします。

戸建て投資は現金買いがおすすめ

中古の戸建てを対象にして不動産投資を行う場合、おすすめなのはずばり「現金買い」です。

というのも、中古の戸建て物件の多くは、それほど価格が高くはないから。

現金一括で購入できる人多いため、いわゆる「お宝物件」は、あっという間に売れていってしまいます。

もちろんローンでの物件購入も可能ではありますが、融資の申し込みや審査など…手続きに時間を取られている間に、物件が売れてしまうケースが多いです。

ましてや、今は不動産投資初心者が融資で戸建ては購入できないと考えて良いです。

だからこそ、戸建て投資で物件を購入するなら、「現金買い」を意識してみてください。

「融資ではなく、現金で物件を購入できる」ということは、不動産投資初心者にとっても大きな強みとなるでしょう。

投資初心者は、不動産会社から相手にしてもらうまでが大変なのですが、現金一括であれば、それほど不安に思う必要はありません。

本気で買う気がある投資家」として、きちんと対応してもらえるでしょう。

また、現金一括のスピード感で、手ごわいライバルたちにも勝てる可能性がアップします。

またもう1つ現金買いをおすすめする理由としては、融資を巡る環境の変化が挙げられます。

今は融資が引き締まっていますから、不動産投資実績のない初心者に対して、お金を貸してくれるところは多くありません。

ローンを組んで買う方法が難しくなってきている以上、現金買いにシフトせざるを得ないでしょう。

現金一括で物件を購入するためには、やはりそれなりの自己資金が必要となります。

これから投資をスタートしようと思っている場合、最低でも300万円程度の自己資金を用意しましょう。

戸建て投資は規模拡大はかなり緩やかですが、リスクが1番ない投資と断言できます。

できるだけ、リスクを少なく不動産投資をするのでしたら、中古戸建て投資「現金買い」はおすすめです。

ローンが通りやすいところでは、ローンを使おう

自己資金をできるだけ多く用意したとしても、1軒、2軒と物件を買い進めるうちに、いずれ底をついてしまうでしょう。

「お金が足りずに、お買い得物件を買い逃した!」となれば、それは非常にもったいないこと。

ローンも賢く活用しながら、必要な場面で現金を使える環境を整えていきましょう。

まず、おすすめなのは、購入後の物件リフォームに、リフォームローンを使う方法です。

物件の状態によって、リフォーム代も高額になってしまいがちですが、ローンを利用できれば、手持ちの資金を減らすことにはなりません。

また物件によっては、

  • ライバルがおらず、比較的ゆっくりと手続きを進められる
  • 売主が、融資利用について理解を示してくれている

などの条件を満たしていることもあるでしょう。

こんなときにも、ぜひ積極的に融資を組んでみてください。

ローンを使える場面では積極的に活用していくことが、いざという場面で現金買いをするためのポイントだと言えます。

融資が通りやすいのは?

融資が厳しくなっている今、融資を組む際にもさまざまな工夫が必要となります。

融資が通りやすくなる条件についても、ぜひ頭に入れておきましょう。

地方在住者が物件を購入する場合、頼りになるのが信用金庫や信用組合です。

安い戸建てが購入できる程度のローンであれば、審査も問題なく通るケースは多いので、頼りにしてみてください。

これらを利用できないときには、オーナーチェンジ物件に的を絞って狙うのがおすすめです。

特に投資初心者におすすめできる方法で、「借り手がつくかどうかわからない」という金融機関側の不安を、払拭できます。

オーナーチェンジ物件から不動産投資をスタートし、少しずつ実績を積んでいくことで、その他の融資も通りやすくなるでしょう。

融資を利用するためのポイントを知った上で、利用する金融機関や購入物件を決定してみてください。

まとめ

不動産投資で物件を買う際に有利なのは、「現金買い」です。

ライバルが多い人気物件の場合は特に、「現金一括購入」が強みとなってくれるでしょう。

一方で、必要な場面で現金買いをするためには、その他の場面で賢く融資を活用する必要もあります。

両者のバランスを考えながら、取引ごとに「今はどちらが有利なのか?」を検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です