不動産投資が失敗に!「買ってはいけない戸建て」とは?

Pocket

はじめに

不動産投資で失敗しないためには、物件選びで間違えないことが重要です。

とはいえ不動産投資初心者にとって、「積極的に購入したい物件」と「避けるべき物件」を見極めるのは難しいですよね。

そこで今回は、「買ってはいけない戸建て」の条件について、わかりやすく解説します。

3つのポイントを頭に入れておきましょう。

近隣住民に難あり

購入物件を検討する際には、物件そのものの条件を重視する方が多いのではないでしょうか。

・価格

・立地条件

・間取り

・築年数

条件の良い物件は人気も高いですし、借り手も見つかりやすいでしょう。

とはいえ戸建ての購入を検討するなら、これらの条件をチェックするだけでは不十分です。

近隣にどのような人が住んでいるのかについても、事前にしっかりとリサーチする必要があります。

隣がゴミ屋敷である

前のお宅の住人が挙動不審である

ご近所トラブルで有名なお宅がある

購入対象となる物件がどれだけ魅力的であっても、これらの条件に合致する場合、簡単に購入を決めてしまうのは危険です。

なぜなら、近隣の住宅に何らかの問題がある場合、魅力あふれる物件であっても、借りるのをためらう方も多いからです。

特に戸建ては、ファミリー層に人気の物件です。

幼い子どもがいる場合、自宅で過ごす時間も長くなり、近隣住民との関係性も気になるポイントの1つとなります。

近隣住民に難がある物件を購入してしまうと、その後の賃貸募集で苦労をする可能性があります。

いつまでたっても借り手が見つからない場合、不動産投資で儲けを出すことは難しくなってしまいます。

こうした物件は、売主にとってもできるだけ早く手放したい物件であり、相場よりも低い価格が設定されているケースも多いものです。

「これといった理由がないのに、なぜ安いのだろう?」と思ったときには、ぜひ実際に現地に赴いてみてください。

意外な「難」が見つかるのかもしれません。

自然災害のリスクが高い

自然災害リスクが高まっている今、賃貸であっても、「安心して暮らせる物件かどうか」を意識して物件探しをする方も少なくありません。

こうした状況の中、自然災害リスクが高いと思われる物件は、購入時に慎重に検討する必要があります。

山のふもとにある物件

崖の下にある物件

川の氾濫リスクが高いエリアにある物件

これらの物件を購入して賃貸に出せば、万が一の場合に、居住者の方の生命に危険が及んでしまう可能性も。

幸い居住者の方が無事であっても、物件へのダメージは無視できません。

また崖の下にある物件では、崖条例に引っかかってしまうリスクもあります。

安全性の確保のため、住宅の建築に一定の条件が科せられる可能性があり、物件が古くなったからといって、簡単に建て直すことができません。

たとえ物件価格が安くても、将来的には損をする可能性もあるので注意してください。

私が購入した物件に小さい山のふもとの物件があります。

台風の時など、やはり怖いです。

安い条件でもありますが、その後のリスクはしっかりとあります。

臭いが気になる施設が近い

こちらも物件そのものではなく、周辺環境に問題があるパターンです。

物件の近くに養豚場や養鶏場などがあると、臭いが気になってしまいます。

こうした物件も、購入後の賃貸募集で苦労しがちです。

臭いトラブルが難しいのは、風向きで状況が変わるからです。

物件を内見した際には、たまたま臭いが気にならなかったけれど、実際に生活してみると、非常に強いストレスがかかる…なんてことも、実際にあり得るでしょう。

地方に行けば行くほど、養鶏場や養豚場は珍しい存在ではなくなります。

住宅地のすぐ近くにあるケースも多いので、十分に注意してください。

事前に地図で近隣エリアの確認をした上で、訪れると安心です。

特に雨が降った次の日などは、臭いが強くなることがありますから、こうしたタイミングを狙って内見してみるのもおすすめです。

まとめ

不動産投資で購入してはいけない物件は、利益を出しにくい物件です。

相場よりも低い価格で売りに出されているケースも多く、「お買い得物件」のように感じられることもあるでしょう。

「なぜ安いのか?」という理由にまで目を向けて、冷静に判断するのがおすすめです。

今回紹介したポイントを見ればわかるとおり、これらの条件は「大家の努力だけではどうにもできないもの」となっています。

お買い得になっている理由が、大家の努力で解決できる問題であれば「買い」、そうではない場合には「見送り」と判断するのもおすすめです。

どの物件を購入するべきか迷ったときには、リスクをしっかりと勘案した上で、購入の有無を判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です